調布市の歯科、歯医者なら精密治療が評判のあきら歯科

 京王線柴崎駅南口改札正面   駐車場完備

充実の設備環境

    より確実な治療のために

    最新設備

    当院では、7〜10倍サージテル高倍率ルーペをはじめ、マイクロスコープや口腔カメラや位相差顕微鏡、CTなど、さまざまな最新設備を揃えています。

    もちろん、設備があるからと言って技術が高くなるわけではありません。

    ですが、今まで見えなかったものが見える、という事は、治療の確実性はもちろんのこと、技術を高めるために必要不可欠なものと考えています。

    CT

    CTを導入

    当院では2014年1月より歯科用CTの設置をいたしました。

    CTを導入したことにより、インプラント手術時のシミュレーションや診断はもちろん、親知らずの抜歯などの外科的処置や矯正治療、根の治療をする際にも、より正確な診断の元、より確実で安全な治療できるようになりました。

    また、当院で導入しているCTは、他の歯科用CTではわからない骨質(骨の硬さ)についても正確に把握することができますので、インプラント治療を行う上では特に有効に活用できます。



    当院で導入してるCTの特徴


    一言で「CT」といっても、その種類は非常に多く、性能も特徴もさまざまです。

    当院にてCTを導入するにあたっては、約3ヶ月間の間、ほぼすべてのCTメーカーの説明やデモンストレーションを受け、実機を使用されている先生方に直接使用感を聞き、十分に検討してまいりました。

    そしてその結果、当医院の説明連携ツールやデータ保存、レントゲン室のスペース、被爆線量、画質レベル、インプラントシミュレーションソフトなどを考慮し(株)iCat社のRevoluXの導入を決断致しました



    正確に骨質を把握


    他の歯科用CTは歯やあごの骨を立体的に把握することはできるものの、骨質(硬さ)について正確に把握することはできません。

    一方で、当院の歯科用CTは骨質(硬さ)を正確に計測できるため、骨質(硬さ)を事前に把握しておくことが重要であるインプラント治療に特に有効です。当院の歯科用CTは数ある歯科用CTの中でも特に優れた性能を持つ装置です。



    硬いあごの骨
    硬いあごの骨
    軟らかいあごの骨
    軟らかいあごの骨

     

    金属の影響を除去


    口の中は体の他の部分とは違い、歯の詰め物や被せものとして金属があります。金属はX線を通しにくいため、その影響でこれまでのCTでは周りの骨の状態が把握できないことがありました。

    当院の歯科用CTは金属の影響を除去するプログラムを搭載していますので、他のCTでは金属の影で映らない部分の骨でも診断することができます。

     

    硬いあごの骨
    従来のCT
    金属の周りが黒くなり映っていません。
    軟らかいあごの骨
    当院のCT
    金属の周りでも骨の状態を診断できます。

     

    患者様に優しい低被ばく


    CT撮影には被ばくが伴いますが当院の歯科用CTは低被ばくを実現した装置です。医科用CT装置の15分の1程度の被ばくで安心してご撮影いただけます。

    当院のCTについて詳しくはこちら


    歯科用CT

     

    マイクロスコープ

    マイクロスコープ

    当院では、手術用顕微鏡のトップメーカーであるカールツァイス社の手術用顕微鏡OPMI® Pico Mora Interface を2台導入しております。

    マイクロスコープの優れている点は、より高倍率で見えるという事ももちろんですが、それ以上に、私たちが見ている高倍率の画像や動画をそのまま患者さまにも見せることができるという点です。

    当院ではたとえ保険治療であってもマイクロスコープを使用し、精密な治療とわかりやすい説明を提供しております。

    ※上記設備を2台保有しておりますが、限られた時間の中など、全ての診療において本技術をご提供できるものではございません。予めご了承のほど宜しくお願い致します。

    ⇒保険でもマイクロスコープを使用します



    デジタル映像プレゼンテーションシステム(カリーナADMENIC DVP2)

    カリーナADMENIC DVP2

    私たちがマイクロスコープで見ている情報をそのまま患者さまにお伝えすることで、ご自身のお口の中の状況についてよりご理解をいただきたい。

    そんな思いで導入したのが、このこの「カリーナADMENIC DVP2 デジタル映像プレゼンテーションシステム」 です。

    このシステムは、私たち術者が、マイクロスコープを通して見ているミクロン単位の映像を、そのまま患者さまにお見せすることができるシステムです。マイクロスコープを使って治療している状況を、全て動画で記録することもできますので、写真画像では伝えきれなかった、歯の動揺などの「動き」までお伝えすることも可能です。

    当院で治療を受けられた患者さまの多くは、今までにこのような説明、プレゼンを受けたことがないと驚かれる方が多いですね。 ほとんどの歯科医院では、このようなマイクロスコープを使用した治療や説明は、自費診療のみで行っているようですが、当院では保険治療であっても、マイクロスコープを使った治療、説明をさせて頂いております。

     

    画像管理システム「MEDIA PACS」

    画像管理システム「MEDIA PACS」

    当院では、開業当初から画像管理システム「MEDIA PACS」を導入しております。

    歯科医院にて管理している診断画像は種類も形式もさまざま。 口腔内写真にレントゲン写真、CT画像などなそれぞれファイル形式が異なるため、一人の患者さまの医用画像をそれぞれの方が、それぞれの環境で管理しているケースは、クリニック内でよく見受けられる光景です。

    画像管理システム「MEDIA PACS」は、国際標準規格である「DICOM」というファイル形式で一元管理することができるため、見たい画像を、見たいときに、見たい環境でスムーズに取り出すことが可能です。

    これにより、患者さまからの突然のご質問にも、過去の経緯を含め、その場で、的確にわかりやすくお応えすることが可能になります。当院では、開業当初からこのシステムを導入し、すべての患者さまの画像データを一元管理しております。


    「MEDIA PACS」について詳しくはこちら


    MEDIA PACS

     

    レーザー

    レーザー

    医療分野でのレーザーといえば、手術に使うレーザーメスがよく知られています。

    レーザーには、切開の他に『鎮痛』、『殺菌』、『消毒』、『止血』、『消炎』など、実に多くの利点があることがわかっています。

    『レーザー歯科治療』は、この利点を応用した画期的な治療法です。人体に対して安全であることは手術で使われていることからも実証されていますが、加えて麻酔や鎮痛剤の使用を減らせるので、妊娠中の方やアレルギー体質の方にも安心して治療ができるというメリットもあるのです。

    レーザーが実現する、どこまでも人にやさしい歯科治療。その代表例をここでご紹介していきます。



    歯周病の治療

    放置しておくと歯が抜けてしまう歯周病には、歯肉の切開や歯肉のポケットヘの殺菌・消炎をレーザーでおこないます。痛みや出血も少なく、レーザーでの治療は回復期間も短くなるのが特徴です。



    色素沈着の除去

    歯ぐきに黒ずんだ色素が沈着してしまう色素沈着。歯肉等の表面にレーザーを数回にわたって照射すると、痛みも少なく麻酔なしに黒ずんだ色素を取り去ることができます。



    切開手術

    レーザーでの切開は、痛みや出血が少なく殺菌・消毒・消炎効果により術後の回復も早く、抗生物質や鏡痛剤の使用も抑えることができます。



    口内炎の治療

    痛みを伴なう口内炎もレーザー照射で鎮痛、消炎効果が得られます。痛みが少なく、治りも早いので、お子様にもやさしい治療方法です。



    知覚過敏症の治療

    冷たいものや熱いものがしみる知覚過敏症も、レーザー照射で封鎖して簡単に治療することができます。





    口腔内カメラ

    口腔内カメラ

    当院で開業当初から導入している設備です。

    治療中はご自分でお口の中を見ることはできませんし、手鏡で見ても、特に歯の裏側や上の奥歯などは、とても見えにくく、確認しにくいものです。

    そこで、当院では小型の口腔内カメラを使用し、鏡では見えにくい、お口の中の詳細な状況もビジュアルでご確認頂けるようにしております。

    また、ユニットは大きなモニターが備え付けてありますので、治療中も撮影した口腔内画像をそのモニターに映し出し、患者さまと各スタッフと情報を共有し、確認しながら治療を進めることが可能です。

     

    位相差顕微鏡

    位相差顕微鏡とは、口腔内の細菌の種類や量を確認できる機器です。

    生きたままの細菌の状態をご自身で観察することができるため、その映像に衝撃を受ける患者さまも少なくはありません・・・。ですが、歯周病菌やカビ菌などは、ほぼすべての方に見られる細菌で、これを無菌化することは出来ないのが現状です。

    検査のポイントは、どのような菌がどのぐらい存在しているのか?そして、最も重要なことは、ご自身の口腔内の状態を把握し、現状を理解することです。

    『予防することの大切さに気づいて欲しい!』という思いが私たちの気持ちです。私たち歯科衛生士が、あなたにあった予防方法でお口の健康のサポートを致します。

    手術用オペ室も完備

    手術用オペ室

    当院では通常の診療スペースとは別に、手術用のオペ室も完備しております。

    手術を完全に行うための最新設備はもちろんのこと、空気清浄機(エアロシステム35M)もオペ室専用として1台導入し、高い安全性とクリーンな環境を保っております。

    ⇒当院の感染対策へのこだわりについてはこちら



    心地よく治療を受けて頂くために

    当院では、患者さまに心地よく治療を受けて頂くために、診療室や待合室などの細部にもこだわって設計をしております。

    受付

    受付

    患者さまの緊張をほぐせるよう、いつも笑顔でお迎えするよう心がけております。ご予約の相談や、治療中の疑問・質問など、どうぞお気軽にお尋ねください。

    また、歯ブラシなどのデンタルグッズを販売しておりますので、虫歯予防に役立ててください。

     

    待合室

    待合室

    待合室はカフェのような開放感を重視しました。側面の大きなガラスは、季節のいいときは開け放すことができ、病院と街の境をなくしたいという思いがあります。

    カウンセリングルームは、プライバシーを守るという意味でブラインドが下がるようにしてあり、声が外に漏れない作りになっています。ですが、診察室はあえて音が入りやすいように部屋の仕切りの天井部分を開けています。こうすることで、緊張感を和らげることができるです。

     

    キッズルーム

    キッズルーム

    お子様が少しでも嫌いな歯医者を楽しんでもらいたい。そんな気持ちから生まれた「キッズルーム」です。

    親御さんの治療中には、お子様にキッズルームで遊んでいただくことができるのはもちろん、診察室からガラス越しにキッズルームが見えるようにしていますので、お子様の様子を確認しながら安心して治療を受けて頂けます。

    また、キッズスルームは受付の横のスタッフが目の届く場所に設置してありますので、当院スタッフも、お子様に異常がないか常に目を配らせております。

    お子様ご本人が治療するときにも、親御さんや一緒に来たご兄弟が見えることで、落ち着いて、安心して治療を受けて頂くことが出来ます。

     

    診療室

    診療室

    診療室は広めの設計になっていますので、ベビーカーも一緒に診療室に入って頂くこともできます。

    まだ年齢が幼く、お一人でキッズルームで遊ぶことが難しいお子様の場合は、親御さんのそばで安心してお待ちいただけるように配慮しております。




    『信頼できる社風』と『世界的実績』から選んだ米国製歯科用診療チェア"a-dec dental chair"について、詳しくはこちら


    診療チェア

     

    カウンセリングルーム

    カウンセリングルーム

    カウンセリングルームでは患者さんがリラックスしてお話ができるよう配慮しております。

    また、個人データが最新のデジタルモニタリングシステムで管理されており詳しい相談が可能です。

ご相談は無料です。
まずはお気軽にご連絡ください



TOP