調布市の歯科、歯医者なら精密治療が評判のあきら歯科

 京王線柴崎駅南口改札正面   駐車場完備
患者さまの声 診療ブログ 食育ブログ


「お口のトレーニング(バイオセラピー)」の記事一覧


感覚を鍛えることで機能は発達します。1才前後の『手づかみ食べ』の行動は脳の発達を促進します。暖かく見守りましょう。人間は手を器用に使えるようになって脳が発達しました。

東京都 調布市 京王線 つつじヶ丘駅・国領駅のとなりの駅 柴崎駅南口正面のあきら ...


食事中にお水やお茶を置いていませんか?食生活の大きな変化に伴いお水で食べ物を流し込む子供が増えています。

東京都 調布市 京王線 柴崎駅南口正面 あきら歯科 院長 伊藤 玲です。 今回は ...

2018/11/13

離乳食開始時に何を食べさせるか?それも勿論大切だけど。。。何のために、どのように食べさせるかを考えることが重要です。

東京都 調布市 京王線 柴崎駅南口正面 あきら歯科 院長 伊藤 玲です。 今回は ...

2018/08/12

『お口ポカン』『口呼吸』は歯並びの乱れだけでなく鼻の機能低下やのどの炎症を引き起こす原因となります!『鼻呼吸』ってとっても大事なことなのです。

東京都 調布市 京王線 柴崎駅正面 あきら歯科 院長 伊藤 玲です。 今回は、『 ...

2018/05/13

近年の子供達の食環境が様変わり!? 噛む機能が少ないとお口周りの筋肉が鍛えられず顎の発育不足につながり、歯並びにも大きく影響します!

東京都 調布市 京王線 柴崎駅南口正面 あきら歯科 院長 伊藤 玲です。 今回は ...

2017/12/30

インフルエンザの流行するこの時期『あいうべ体操』『鼻呼吸』で免疫機能を高めましょう!

東京都 調布市 京王線 柴崎駅南口正面 あきら歯科 院長 伊藤 玲です。 今回は ...

2017/11/07

『口呼吸』になる理由:哺乳類の中でいつも口で呼吸が出来るのは人間だけです。

東京都 調布市 京王線 柴崎駅南口正面 あきら歯科 院長 伊藤 玲です。 『口呼 ...

2017/10/22

乳幼児期に何を食べるか?どう食べるか?どう鍛えるか?それによって自分の力で歯並びを良くできるかも!?乳幼児期からの前歯・奥歯・舌の使い方で大きな差がでてきます。

東京都 調布市 京王線 柴崎駅南口正面 あきら歯科 院長 伊藤 玲です。 前噛み ...

2017/10/17

離乳食を終える頃、乳歯が生える時期の食べることの興味と本能を大切に。アゴを育てる意識で食べさせたい!

東京都 調布市 京王線 柴崎駅南口正面 あきら歯科 院長 伊藤 玲です。 乳歯の ...

2017/10/10

幼児期の食べる意欲の低下が口の緩みを招き、口呼吸につながって、口腔機能の低下や歯並びの乱れにつながります。

東京都 調布市 京王線 柴崎駅南口正面 あきら歯科 院長 伊藤 玲です。 今回は ...

1 / 41234

TOP